2013年03月03日

春のたより

crr.gif
オカモトトゲエダシャク Apochima juglansiaria 2013 Kanagawa


暮れからほとんど毎日池が凍るような寒い日が続く。冬は凹む。もうこのままずっと寒い季節が続くのではないか、そんな風に思ってしまう。でも数ヶ月も経つとフィールドではカエルが産卵し冬の蛾が入れ替わり、季節は確実に動いていることが実感できる。早春の蛾、オカモトトゲエダシャクを見かける頃から一段と春の雰囲気が増し気分も明るくなってくる。
posted by jan at 20:29| チョウ・ガ