2013年11月09日

late autumn ephemeral

crr.gif
ケンモンミドリキリガの飛翔 Daseochaeta viridis 2013 Kanagawa


トンボのシーズンは概ね3分割できる。ムカシトンボやクロスジギンヤンマ等は春のトンボ、マルタンヤンマやウチワヤンマ等は夏のトンボ、アカネやカトリヤンマ等は秋のトンボ。トンボの種類の移り変わりは何とも季節感があるものだ。蛾の場合、さらにシーズンが細分化される。トンボより早い数週間単位で種類の構成が変わっていく。ケンモンミドリキリガは毎年概ね11月初めから11月第3週くらいまでの3週間の間しか見かけない。そして、この蛾がいなくなる頃、今度はニトベエダシャクが3週間活躍する。ニトベエダシャクがいなくなると本格的なフユシャクの季節になる。春の儚い命(スプリングエフェメラル)が1年中続いていく感じ。
posted by jan at 00:00| チョウ・ガ